【脱水症状.com】〜原因・症状・対処〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
dassuisyoujou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。







夏の暑い日は大量の汗を掻きます。スポーツや仕事でも炎天下の中、運動や作業をしていると強い日差しを受け、体温が上がってしまいます。もちろん室外に限ったことではなく、室内でも同様に体温が上がっていきます。
汗を掻くというのは人間の体内で自動的に起こる体温調節の仕組みが関係しています。体温を調節する機能は主に発汗で、汗を流すことによりその蒸発で起こる気化熱を利用して表面の温度を下げる目的があります。
従って、体温調節機能と脱水症状は密接な関係にあるのです。

当サイトはそんな「脱水症状」について、原因症状から予防対処について、子供や高齢者、冬場にも起こるケースなど、脱水症状における様々な情報を掲載している情報サイトです。脱水症状について詳しく知ることで、予防や対処に是非とも役立てて下さい。


sponsored link





脱水症状は単に体の水分が不足している状態と考えられている方が多いですが、厳密に言うと体の水分量が減った状態だけではなく、水分と同時に電解質も失った状態と言えます。電解質とは簡単に言うと塩分のことです。
また脱水症状にはその状態によって3つの種類に分かることが出来ます。

ここでは脱水症状とはどんな状態なのか、低張性脱水等張性脱水高張性脱水の3つの種類について、それぞれ詳しく説明していきましょう。


⇒ 脱水症状とは

⇒ 低張性脱水

⇒ 等張性脱水

⇒ 高張性脱水




脱水症状が起こりやすいのはもちろん夏場の暑い時期ですが、意外と知られていない症状例もありますし、予防や対処法で間違って行われていることもあるかもしれません。脱水症状は最悪の場合は命を落とす危険もあるので、正確な情報を知っておくことは非常に重要なことになります。

ここでは脱水症状原因症状予防対処についてそれぞれ詳しく説明していきましょう。


⇒ 原因について

⇒ 症状について

⇒ 予防について

⇒ 対処について




ここでは脱水症状に関連する情報として、熱中症、便秘や下痢、お酒やアルコール類、子供や高齢者における脱水症状、冬でも起こるケースについてそれぞれ詳しく説明していきましょう。


⇒ 熱中症

⇒ 便秘・下痢

⇒ 酒・アルコール類

⇒ 子供の脱水症状

⇒ 高齢者の脱水症状

⇒ 冬の脱水症状




一般社団法人健康スポーツ協会
宮城県薬剤師会-脱水症状へのアドバイス-
脱水症状マニュアル

sponsored link



【脱水症状.com】TOP

copyright©2014  【脱水症状.com】〜原因・症状・対処〜  All Rights Reserved