【脱水症状.com】〜原因について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
dassuisyoujou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは脱水症状の原因について、詳しく説明しています。

脱水症状に陥る原因には以下のようなものが挙げられます。

水分補給の不足
単純に喉が渇いても長時間何も飲まなかったり、喉が渇くという反射神経中枢の感受性が低下しているなど。高齢者や乳幼児に多く見られる原因です。

発汗の増加
夏の暑い日差しにさらされることによって、体温が上昇すると発汗が増加します。他にもサウナなど高温多湿環境に長時間居る事や、スポーツなどで激しい運動を行うことで発汗は増加します。

排泄物・吐瀉物
大量の下痢や嘔吐によって消化液中の電解質が失われることも、脱水症状を起こす原因となります。

感染症
風邪やインフルエンザなどの病気での発熱でも、発汗が増加し脱水症状を起こす原因となる場合があります。特に発熱と同時に下痢も起こすような病気に対しては、より注意が必要です。

高血糖症、糖尿病、腎疾患など
高血糖症や糖尿病では多尿を起こし、水分が減って血液が濃くなり脱水症状を起こしやすくなります。腎疾患でも腎機能が低下して体内の余分な水分や塩分が十分に排泄されず、水分量のコントロールが出来なくなります。蛋白尿や血尿などを起こすことが多いです。


⇒ 症状について

⇒ 予防について

⇒ 対処について


sponsored link



copyright©2014  【脱水症状.com】〜原因・症状・対処〜  All Rights Reserved