【脱水症状.com】〜子供の脱水症状〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
dassuisyoujou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは子供の脱水症状について、詳しく説明しています。

成人を超えた大人と小さい子供では、脱水症状になる可能性は大きく違います。大人よりも子供の方が脱水状態に陥りやすいです。

まず乳幼児、赤ちゃんの場合についてですが、ヒトの体は成人でおよそ60%が水分で構成されていますが、赤ちゃんの場合はその割合がおよそ80%まで膨れ上がります。しかも体重が少ない分、少しの量の発汗でもすぐに脱水症状を引き起こしてしまいます。脱水症状を引き起こす原因の中でも発汗が注意されがちですが、下痢や嘔吐でも簡単に脱水状態に陥りますので、夏の暑い時期は特に最新の注意を払うようにしましょう。
言葉も喋られない自己表現が全く出来ない赤ちゃんの時期の子供の脱水症状を見抜くためには、顔色や体の動きをよく見ていてあげるのが一番良いのですが、特に注意して見ておきたいのは、無駄に機嫌が悪い状態が続いていたり、泣いた時の涙やよだれの量や皮膚の乾燥具合などをよく見ておきましょう。どれかひとつでも当てはまるようでしたら、脱水症を疑って水分補給をしてあげるのもひとつです。

小児、子供の場合についてですが、赤ちゃんとまではいかなくとも体に占める水分量は70%程度となります。またこの時期は体の成長と共に代謝機能も活発となっている為、特に汗を掻きやすい時期です。また公園で遊んでいる時なども、喉の渇きを忘れるほど遊びに夢中になって、水分補給が遅れてしまうこともあります。こまめに水分補給と、休憩時間を作ってあげるよう周りが注意してあげましょう。


⇒ 熱中症

⇒ 便秘・下痢

⇒ 酒・アルコール類

⇒ 高齢者の脱水症状

⇒ 冬の脱水症状


sponsored link



copyright©2014  【脱水症状.com】〜原因・症状・対処〜  All Rights Reserved