【脱水症状.com】〜酒・アルコール類〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
dassuisyoujou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは脱水症状と関連する、お酒やアルコール類の摂取について詳しく説明しています。

一日の仕事の疲れを癒す、好きな人には堪らないアイテムと言えば、やはりお酒を選ぶ方も多いのではないでしょうか。特に夏の暑い時期に、冷やしたグラスに冷えたビール、表面に薄い氷の膜が張って・・・なんて想像しただけで喉が鳴ります。
お酒は「百薬の長」なんて言われていますが、当然のことながらそれは適度な量を守った上での話です。お酒を飲み過ぎると体に悪いことは今や常識でもあります。

実はお酒を飲み過ぎると脱水症状を起こす可能性が高まります。脱水症状は水分が足りないからお酒でも良いのでは?という間違った考え方をしている方は是非これを機会に正してください。
アルコールには高い利尿作用があり、アルコールに含まれている水分量を超える量の水分を排尿として体外へ排出してしまいます。従って喉が乾いている状態でお酒ばかりを飲む行為は、さらに体から水分を喪失する要因となってしまい、かえって逆効果なのです。

喉が乾いている時にお酒を飲む時は、くれぐれも飲み過ぎないよう注意して下さい。また同時に水分もしっかりと取るようにしましょう。


⇒ 熱中症

⇒ 便秘・下痢

⇒ 子供の脱水症状

⇒ 高齢者の脱水症状

⇒ 冬の脱水症状


sponsored link



copyright©2014  【脱水症状.com】〜原因・症状・対処〜  All Rights Reserved